2017/11/22

物件の運営管理について
物件の運営管理について

物件の運営管理について

扉を開いた時の第一印象が大切です!

皆様もマンションのショールームや友人の家に遊びに行って、玄関のドアを開けるときにワクワクドキドキした経験はありませんか?

私はそこに着目し、扉を開けた瞬間に「素敵!」と言われるようなイメージをもって、リフォームに取り組んでいます。

例えば玄関に輸入タイルを貼ったり、おしゃれなフロアタイルを貼ったりなど、とにかく目線を意識しています。
靴を脱ぐときや履くときに目線が床にいきますよね。
必ず目線が行く部分に、印象に残るアイテムをもってくると好印象です。

次にお部屋に入ったときに、インパクトを与えるよう一工夫します。
こちらも室内扉を開けた瞬間のサプライズを用意します。
壁にアクセントクロスを貼ることで、お部屋の印象が格段にあがります。

ただし、単身タイプとファミリータイプで、カラーでミスマッチしてしまうと逆効果になりますのでご注意を。
あと、観葉植物やPOPなどでドレスアップすると、さらにお部屋の印象アップにつながります。
こういったアイテムは、ホームセンターや100円ショップで安価に入手できるので、費用対効果はかなり高くなります。
 

管理会社とのチームワークが大切です。

管理会社は物件管理のプロです。
管理会社は大切な物件の維持管理と入居者促進、トラブル対応など総合的にマネジメントしてくれます。
不動産投資を成功させるために、管理会社との絆はとても重要です。

オーナーは管理会社に管理料を払う立場にあり、自分がお客という意識が強いかもしれません。
上から目線で威圧的な態度をとる方もいらっしゃるようですが、これはNGです。

管理会社は自身の物件の維持管理してもらうパートナーなんですね。
一緒に協力しあいながら物件の価値を高め、満室経営の持続を目標とする共同経営者的な存在といっても過言ではないでしょう。
 

ただ、管理会社と一言でいっても、管理能力の高い管理会社もあれば管理能力の低い管理会社も存在します。

付き合ってみないと分からない部分も多々ありますが、管理会社の選定とチームワークは不動産投資を行う上で核になる部分となります。

しっかり取り組む価値があると考えてください。
 

さらに詳しく知りたい方へ

ホームへ先頭へ前へ戻る